読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木村拓哉のWhat's UP SMAP! 2016/3/11 東日本大震災から5年…

木村拓哉 What's UP SMAP!

木村拓哉のWhat's UP SMAP! 2016/3/11 

東日本大震災から5年…

え~!みなさん

今日は2016年3月11日、金曜日です

2011年3月11日から、丸5年が経ちました

あの日も金曜日でしたね…

5年前の自分…そのときはあそこにいたなぁ~ああいう作業してたなぁ~

毎回この日が来ると思い返すことがあるんですけど…ぅん

あれからまぁ、撮影とかという形だったり

いろんな形で被災地を何度かうかがわせていただいた事が

あったんですけど…

去年もNHKのど自慢の方で行かせてもらいましたね…ぅん…

まぁテレビのいろんな報道番組で

2011年3月11日、被災された直後の映像と

何年後、何年後、何年後そして今…

というように、同じ定点で撮影した街の様子だったりとか…

時間とともに変化してきた流れというものを

僕らも断片的に垣間見ることはできるんですけど…
まぁ実際にこう、その場所で、その場所の人たちにお会いして

ホントにみなさん、僕らと接してくれるときには

笑顔で『よく来てくれたね~』

ていうふうに言ってくださるんですけど

実際に、ひとりひとりに色々お話を伺ってみたりすると

笑顔ではいるんだけど

そのベースには深い傷があったりだとか

だからこその、前に進むための笑顔なんだな

というのを感じたりもすごくしたんですけどね…
ぃやホント皆さん、自分たちの速度で

みなさん前に進んでらっしゃるなという印象が

非常にありますね

まぁあの日のことを忘れちゃいけない

というのはもちろんの話なんですけど

それぞれの尺度、価値観があると思うので

なんとなく実際にあったことが

事実が薄くなってしまう人がいるのも

仕方のないことじゃないかと、正直思うんですよ

でも僕なんかは仕事で現地に行かせていただくこともありますし

そうすると改めてドキっとすることも多かったり

なんかそのたびに、自分の気持ちのネジを強く巻かれるような思いになりますね

まぁ明日、福島から生放送でNHKの番組にSMAPとして参加させていただきますが

個人的に思っているのは

”あの時、これだけ大変だったから、みんな忘れちゃダメだよ”

というのではなくて

”あの時にすごく傷ついた人たちも、いま一生懸命、前を向いて進んでるんだよ”ということを

改めて皆さんにお伝えできるお手伝いを

これからもさせていただけたらなと思います

撮影裏話

いやこれ、たまたまなんですけど~同じ日にやったんですよ

ある都内の某スタジオに

「おはようございま~っす!」入っていったら

篠山紀信さんが

『おはよ~~~!元気ですか?』と言われ

「ぁあ!元気です」って言ったら

『今日はもうこういう感じでやるから、もぅパパパっとね、お願いしますね…』てカンジで…

で、スタジオで集合だったから

スタジオでやるのかな?と思ったら紀信さんが

『今日は天気がいいから、外いきましょう!』っていう話で

着替えては外に出て、着替えては外に出て、着替えては外に出てってカンジで…まぁ全部スタジオのすぐ近くなんですけど

ぅん!いやぁ…

そのカメラマンさんのパーソナルによって

撮影の時間は変わってくるんですけど
その時は、篠山さんのページは

祐真(すけざね)さんというスタイリストさんが担当してくださったので

で~篠山さんがパカ~ンと撮った写真を

祐真さんとかにふっと見せると

スタッフのみなさんが

『ぅおおおーーー!!!おおーーー!』みたいな感じで(笑)

みんなが『おおぅーーー!』って言ってくれてるならアリかな~と思って…たま~に紀信さんが

『こういう感じですから…ね…ほんじゃお願いしますね』

とか言われて

撮影したら早いんですよ、とにかく

もうパ~ン!パ~ン!!パパ~ン!パン

「あ~いいっすね!」パ~ン!パ~ン!!

「あ~いいよ~!」パパ~ン!パン

みたいな…

でまた「あ!これいいんじゃないかな?」ていうのが撮れたりすると

編集部の方たちとか、それこそスタイリストさんに

『こんなカンジ…』ていうと

またみなさんがモニターをのぞきこんで

「ぅおーーーーー!!」って言ってたりして下さって

それを僕は、ずっとカメラマンさんが

「そこに立ってて!」ていう場所から

「ダイジョブかな!?」と思ったりして

それの繰り返しというか…ぅん…
んで…その篠山紀信さんの撮影が終わりまして

『以上です!ありがとうございました!』みたいな感じで

終わるじゃないですか

で終わって「ありがとうございました~」て言って

祐真さんとも「お疲れまで~す!」て言って

そしたら、若木さんが待ってくださっていて

「おはようございま~す!よろしくお願いしま~っす!」て言って

若木さんが撮ってくださったのが

ヒステリックグラマーのページだったんですけど

そのスタイリングは

スタイリストの野口強さんがやってくれたので

2、3発の冗談を交わしながら

『まぁ今日はこういう感じで』みたいな話をして…

もうほんと、祐真さんとか野口強さんは

昔からお世話になっている方々なので

『今日は、なに着なきゃいけないんですか?』

っていうテンションが僕の中にゼロで

『おはようございます!』って入っていって

『はい着ます!お願いします!!』みたいな感じ…

ぃや~でもね~もちろん紀信さんも早いんですけど~
僕が一緒に撮影させていただいてるフォトグラファーの方たちの中では

たぶん若木さんが群を抜いて早いですね

早いというか『撮れた、OK』というその感覚が

たぶん若木さんの中でジャッジメントが早いんじゃないかなぁと思うんですけど…
ワンカットにつき、ホントですよ~!これ冗談ぬきで~

僕も含めて編集者の方たちが

”え!?嘘でしょ?”っていう

まぁ驚きと不安が入り混じったような

”え!?も、もう撮れたんですか?”っていう枚数で

下手したらホント4、5枚で…

「あ!いいっすね!!じゃぁ次に着替えて頂いて…」

”もう撮れたんですか?”みたいな感じですよ(笑)
だいたい他の方達だったら、そうですね~

ワンカットにつき20枚?30枚くらい

20回~30回はシャッターを切ったりするんですけど

若木さんは、切らないときは切らないですね…

まぁ大半の方たちは、みなさん今はデジタルカメラで

撮ったものを転送して

横のコンピューターのでっかいモニターで『ブン』て出てきて

それをアシスタントの方が『ピントOKです!』

みたいな感じでやってくれたりするんですけど

場合によっては若木さん

フィルムのカメラでまだ撮ったりしてるので

どんな写真が撮れてるのかっていうのは

若木さんの頭の中だけなんですよ

なんですけど、場合によっては4~5枚で…

「OKです!ありがとうございます。じゃぁ次に着替えて頂いて…」てな感じで…すすんでいきますね…

ぅ~ん!なんなんすかね~!!

説明を僕が上手く出来ないといけないんですけど

なんかそういう

操上さんだったり上田さんだったり篠山さんだったり

もちろん若木さんもそうなんですけど…あとオガタさんだったり

どこか相手がちゃんと接してくださっているから

こちらもちゃんとしたいなという気持ちにさせてくれるというか…

もちろんプロだし、ものすごい方達だし

なんだけど…そういう方たちだからこそ

ちゃんと接してくださるとうか…

荒木さんなんかもそうですよね

なんかすごくちゃんと向き合ってくださるというか

”こんな感じで、いいんじゃない?”っていうのが、ゼロです

しっかり向き合いたくなるというか

”しなきゃな”じゃなくて

”したいな”っていう気持ちになります
うん、楽しいです

香りについて

たま~?にいますね

”このいい匂い、なんなんだ!”っていう人

いま頭に出てきたのが

あのね…共演という形ではなかったと思うんですけど

TBS系列のドラマをやってると

同じ緑山撮影スタジオが一緒だったりするんですよ

その時に野際陽子さんがいらっしゃって

『お疲れさまです!』て挨拶をさせていただいたら

「あら、まだ今日はかかるの?遅いの?」て言われて

『いや、まぁまぁですけど…でも大丈夫です!』みたいな感じでお話しさせていただいたときに

すっげ~いい匂いがしたのを覚えてますよ…ぅん…

『なんだよ~』っていう匂いがしたの、強烈に覚えてる!

いやぁもうふつうのお洋服を着てらっしゃたんですけど…

着物ではなくて

あとね~、強烈にいい匂いがしてたのは女性だけではなくて

以前レアルマドリードというスペインのサッカーチームが

日本に来た時があったんですよ

当時、デビッド・ベッカム選手と、グティという選手が

スマスマのビストロに来てくれたことがあって…

そんときに…グティのね!

いや!ベッカムじゃないんすよ!そこが…

グティのね…同じ男なのに

”なんだ?このいい匂い!?”みたいな

のは非常に覚えてる!

グティ、いい匂いしましたね(笑)ホントに…
それこそ、海外のゲストは、大体いい匂いしてます!

ガガも、いい匂いしてましたね~なんなのかな~

ボディクリームとかなのかな~マドンナとか~

テイラースウィフトとか…

あとなにげに「なにいい匂いさせてんじゃん…」てのがファギー!

あんなにこう本番中ガンガン体で体当たりしてくるのに

なんかけっこういい匂いすんな~ていうのはありましたね…

グティのあの匂いはずるい!(笑)

口年齢

なにやるの?
10秒間で73回以上って、どういう『か』の言い方なんだろうね

もう『かーーーー』だよね

”自分の中で切ってます!”っていうことじゃないと

73回以上言えないでしょ?
10秒間、公の電波だけど無駄にする?
じゃあ、いこうか!

『かかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかかっかっか…』

これさ、すっごい無駄なラジオだったな~

今数えてるから、先に言いたいこといいますね!

つい僕が本気出しちゃうようなメッセージ

挑戦させたいこと、挑戦状、そんなことあったら送ってください!

「負けず嫌いだってことが変だ」ってことを林先生に言ったら

『負ける嫌いじゃないですか?』て言って下さったんですけども…

ちなみに僕は、68回でした!
ということは…

60~70代だって俺、ダメじゃん(笑)