読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下達郎 鳥で棚からひとつかみ Part2 サンデーソングブック 2017/1/15

山下達郎 鳥で棚からひとつかみ Part2

サンデーソングブック 2017/1/15

1月なかばになりました

昔は、今日が成人式でございましたが

最近は違います

寒波が全国的に襲来しておりまして…

東京も寒いですが、天気予報を見ますと「暴風雪」

新潟とか金沢!すごいです!!

また雪が、たくさん降るところがございます

お見舞い申し上げます

寒いですので、インフルエンザも流行っております

お体、みなさまくれぐれも、お大事に…

1月も半分過ぎてしまいました

私、新曲のレコーディングがほぼ終わりましてですね

え〜あとちょっと細かいダビングが待っておりますが

それを待っておりますので…

もう1曲、録ろうかなぁなんていうことを思っております

曲のアレンジを打ち込みながらしておりますが…

チキンで棚つか

番組の方は、酉年でございます

「チキンで棚つか」

先週やりましたが…

結構、チキンもの、たくさんございます!

特にロックン・ロール、ファンク、そういうようなものですね

たくさんございます

もう1週間やってみようかなと…

今日もわりとロッケンロールですが

先週よりはもうちょっと柔らかいやつ選ぼうと

努力はしましたが、あまり反映されておりません

酉年ですので、鳥で棚からひとつかみを考えましたら

鳥で全部行くと、もう際限ないので…

鳥は「ニワトリ」

酉年のニワトリでございますね

「チキンで棚からひとつかみ」

欧米ですと「チキン」ちょっと意味が違うんですが

まぁどうでもいいんです…えぇ適当に…

寒さを吹っ飛ばすロックン・ロール!

酉年にちなみまして

「チキンで棚からひとつかみ」

先週に引き続きましてPart.2でございます!

♪ヘロン/山下達郎

先週申し上げましたが私の曲、鳥の曲がないんですね

いわゆるチキンの曲ないので

ですので、しょうがないので

先週は結局鳥がらみではないので

ドーナツソングで逃げましたが…

よく考えるとですね、チキンじゃなきゃ、あるんです

「ヘロン」

サギですね!振り込めのサギではありません

鳥のサギです…これでいってみようと!

♪ Chicken Bone Bone/The Manhattan Transfer

まずはマンハッタン・トランスファー

1971年、彼らの実質的なデビューアルバムの1曲目に入っております

「Chicken Bone Bone」

鶏の骨ですね

75年にマンハッタン・トランスファー

ブレイクしますが、その前のものですので

あとでリイシューされて

我々は耳にするあれですけども…

わりといい出来なんですが

ま、時代の趨勢といいましょうか?

そういうものだと思いますが…

先週はロックンロールとファンクばっかりで

少し軽めに、やさしめに寒さの中で

少しほっこりしていただきたいと思います

とかいいながら次はロックンロールですが…

♪Chicken/Quicksilver Messenger Service

サンフランシスコのクイック・シルバー

1972年の最終オリジナルアルバム

僕はこのアルバム好きなんですが評価が低いアルバムでして

この中に「チキン」という曲がございまして

トラッドをアレンジしたそうでございますが

昔録ってた音にブラスとかをかぶせて

最終アルバムでしたので契約をまっとうしたと思われますが

演奏なんかはいい味だしております

こうした、まぁ、最近ここ数年間

「なんとかで棚からひとつかみ」っていうですね

こじつけみたいな特集をやっておりますが…

往々にして、いつも申し上げておりますように

曲の粒がですね揃えるのが難しいんですが

ま、今回はチキン、たくさんありましたので

わりといい曲選ぶことができましたが…

こういう時じゃないとかからない曲ばかりなので

ま、いいかなと…笑

今年は3年ぶりに仕事場の大掃除をしまして

ここ3年、ライブがタイトだったので

冬から春にかけるライブが去年ありましたので

去年、全く手付かずでありました

だいぶ、きれいになりました
そのきれいになった所で一所懸命、曲を書こうと!

そんなこと、どうでもいいんですが…笑

♪Chicken Pickin'/Don Rich & The Buckaroos

チキンというですね、ロックン・ロールで

アメリカの音楽ですと

ギターのプレイとしてのチキン・ピッキングと呼ばれる奏法が

特にカントリーであります

チキン・ピッキングというと

カントリーのそうした奏法の全般を指すという

それの代表的なインスト曲を1曲

弾いておりますのは、ドン・リッチという

バックオーエンスという

カントリーシンガーのバックバンドで有名であります

ビートルズのリンゴが好きなですね

「アクト・ナチュラリー」

あれのオリジナルのグループですが…

そのバッカルースのリードギタリストの

ドン・リッチという人がこうしたチキンピッキング

カントリーピッキングの代表的な奏者であります

1967年のDon Rich & The Buckaroosという

クレジットで発売されましたシングル「Chicken Pickin'」

◎17th Century Chicken Pickin'/インペリテリ

アメリカのチキン・ピッキング

いろんなとこに波及しておりまして…

お次に聴いて頂きますのは

いわゆるハードロックでございます

クリス・インペリテリ

世界最速のギタリストとうたわれております

インペリテリが

1996年に出しましたアルバム「スクリーミング・シンフォニー」という

アルバムの中にですね

「17th Century Chicken Pickin'」という曲があります

17世紀のチキン・ピッキング!

これはでも、明らかに

カントリー・フレーバーを意識して付けたタイトルであります

出て来るフレーズはもうインペリテリの

超高速フレーズでございますけども…

こんなのまで持ってる自分が怖い!

まぁなけりゃ

人から借りてくればいいんですが…笑

♪ファンキー・チキン パート1/ウィリー・ヘンダーソン&ソウル・エクスプロージョンズ

ウィリー・ヘンダーソンという

バリトンサックス演奏者でございますけれども

シカゴのブランズウィックの

レコードのプロデューサーであります

ウィリー・ヘンダーソンは楽器弾きでございますので

自分でもソロを出しております

ヒット曲がありまして1970年

全米ソウルチャート22位

全米で91位のヒットのおかげでアルバムもできました

♪Chicken Shack/Ike & Tina Turner

1965年の「ザ・ソウル・オブ・アイク&ターナー」

アルバムから…シングルカットはされてないんですね

ティナ・ターナーはホントに歌上手いですね!

♪(They Call Him) Chicken Of The Sea/The Go-Go's

60年代中期に何枚かシングル出しました

男性3人グループですが

日本ではわりと有名な曲であります

ビクターがプッシュしました…

Chicken Of The Seaというのはカナヅチ

いわゆる泳げない人のことだそうです

臆病者のチキンのニュアンスが反映された…要するに

「カナヅチで俺は浜辺にバカにされている」

というような歌であります

♪ザ・チキン/ジェームス・ブラウン

1969年のアルバム「ポップコーン」

たいはんはインストなんですが

この中に「チキン」という曲がありますが

この曲は人気の高い曲でカバーがたくさんあります

でもジェームス・ブラウンが一番好きです

♪バードメン/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

チキン、鳥、邦楽、和物であまりいいのが無いんですが…

最後に持ってきましたのは 

MICHELLE GUN ELEPHANT

97年のアルバムで「Chicken Zombies」

というアルバムがあるんですね…

これで行ってみよう…こじつけです!こじつけ

こんなかに鳥モノの曲が1曲あります

「バードメン」という1曲があります

これを最後に…