読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集長 稲垣吾郎 どんな正月だった?不機嫌な果実スペシャルの話など… 2017/1/19

編集長 稲垣吾郎

2017/1/19

どんなお正月だった?

そうですね…着物で出かけたことあんまりないですね

着物着るような大人に憧れますけどね…

まぁ夏場なんかは浴衣とかはいいと思うんですけどね

ちゃんとしたお着物で…

大人のたしなみとして憧れますけどね

稲垣吾郎

仕事でね、着物着たことは何度もあるんですけど

まぁ旅館で浴衣を着るとかその程度ですよね〜

でも正月は着物の方、よく見かけましたよね…

ちょうど僕もお正月は近所をジョギングしてまして

原宿の方までジョギングしてて

明治神宮の参拝客の波にもまれまして

僕は参拝するつもりはなかったんですけど

参拝客だと思われちゃうんですね…原宿駅のあたりを

ジョギングしたり歩いてたりすると

交通整理とかされて、まきこまれてしまって

ちょっと明治神宮の方に入ってっちゃったりしたんですけどね〜

なんかちょうど、元旦早々僕は走ってたんですけど

そのとき着物の方いましたけどね〜

初詣ってのは、今までこだわって行ったことないかな?

毎年必ず初詣に行くって言う習慣があったわけではないので…

もちろん仕事のときもありましたし

元旦とかは海外に行っていたり、家族で旅行に行ったりすることが

多かったので、あんまり自分の近所の初詣に行くっていう経験がなかったんですけど…

なんか人の波にもまれながら、気づけば明治神宮さんの中に入ってしまったんで

なんとなくお参りまでは、奥までは行けなかったんですけど

神聖なものに触れて気持ちのいい元旦から心になりつつ

そのまま原宿から、表参道、渋谷と走っていて

ちょっと面白い正月だったんですけど…

 

稲垣吾郎

不機嫌な果実スペシャル

ハチャメチャなドラマなので

あとで何か僕が語るというのは

難しいんですけど

やることはやったかな?て感じですし

まぁなかなかないですからね〜

ああいう役を楽しみながらやらせていただいて

マザコン・潔癖症というキャラクターも…

珍しい役柄ではあるんですけど

ああいう役って、なんか稲垣吾郎

やっぱあってんのかなぁ〜って自分でも思いながら…笑

 

稲垣吾郎

佐野元春 約束の橋

僕がはじめて「月9」でドラマをやらせていただいたときに

『20才の約束』という、もう1992年ですからね〜

僕20才じゃなかったんですよね〜20才の役だったんですけど…

まだ19歳だったんすよ!このとき…

なつかしいな〜

「ヒューヒューだよ!」

だったんですよね〜

でもあれ以来ああいう役やってないんですよね〜

なんか不良の役って…もう不良って年でもないんですけどね

この曲もすごく懐かしいですね…佐野元春さんの…

そう…で佐野元春さんの曲もそれまであんまり知らなかったので

「素晴らしいアーチストだな…」と思って

佐野さんの色んな曲を聴かせてもらって

しかもコンサートにも行かせて頂いたんですよね…

「SOME DAY」とか有名な曲はたくさんあるんですけどね

その中でもドラマの第7話かなんかで使われた

「彼女」ていう曲がね〜あったんですけどね

すごく悲しげなバラードなんですけど

これがね〜僕、佐野元春さんの曲の中で大〜好きで

かなり暗い曲ではあるんですけどドラマの中で流れたんですよね〜

純平くんが警察に捕まって

パトカーに乗ってる最中に流れる曲なんですけど

よかったらみなさん

聴いてみて頂きたいな〜と思います!

稲垣吾郎