読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下達郎 リクエスト特集 サンデーソングブック 2017/1/22

山下達郎 サンデーソングブック

山下達郎 サンデーソングブック

2017/1/22

早いものでございまして

1月も後半に入って参りました

私、年末から年始にかけまして曲書き、歌詞書き、歌入れで

正月はなんか、あまり気持の余裕がありませんでした

ようやく、一段落であります

ちょっと2,3日大阪に行って文楽なんかを見てきました

ちょっとだけ休みました…

山下達郎 

今週からまた、新曲の仕上げとあとちょっと新しい曲をやりたいと思って

それのまとめに入っております

リハーサルが来月から始まりますのでそれまでに

何曲かレコーディングできればな…

というような事を考えつつ、やっております

番組の方は『鳥で棚からひとつかみ』

調子に乗って2週間もやってしまいました

意外とご好評を頂きました…ありがとうございます

年末に、いつもリクエスト大会

「年忘れリクエスト大会」やっておりますが…

最近ほんとにですね、目に見えてお便りたくさん頂くようになりまして

かけても、かけても減らないっていうのが

前にもまして嬉しい悲鳴でございます!

たくさんリクエストカードがまだ、かけられないものがですね

ありますので…今日はリクエスト特集で行ってみたいと

フォローアップしたいと思ったんですが…

年末年始に大掃除したどさくさにですね、ハガキがひと山無くなったんですね

ちゃんと整理してあったやつがです!

えぇ、それが、なんか無くなってしまいまして…

せっかく音を仕込んであるのに、肝心のハガキがない!!

ハガキがないのに、音だけかけてど〜すんだっていう…

まあ、でもこれ「誰かのですよ」っていっても

まあ別に棚からひとつかみと同じなんですけど…

まぁ、ちょっと一生懸命さがしてるので

とりあえず今日は全部予定通りじゃありませんでしたけれども…

それでもリクエスト特集には変わりもございませんのでですね

ウソとか仕込みとかじゃありませんので

何を言ってるのか判らなくなりましたが…笑

要するに大掃除がちょっとやりすぎたという

「過ぎたるは及ばざるが如し」でございます

山下達郎 

♪ずっと一緒さ/山下達郎

この季節になりますと、この曲のリクエストが増えてまいります

『ずっと一緒さ』

冬はもうすぐ終わる…という歌詞でございます

山下達郎2008年のシングル…ずっと一緒さ♪

 

山下達郎のサンデーソングブック1267回目でございます

いよいよ今年の10月で25周年を迎えます

JFNのグループでも長寿番組の仲間入りであります

今年も張り切って頑張っていきたいと思います!

山下達郎 

♪ Andrea/The Sunrays

ビーチボーイズの弟バンドと言われますが

ビーチボーイズのお父さんのマレー・ウィルソンが

プロデューサーであります

男性5人組のボーカルインストゥルメンタル

リーダーで曲をかいている

リック・フェンは大変才能のある方でございます

セカンドヒット、1966年、全米41位 「Andrea」

山下達郎 

♪ムスタング・サリー/ウィルソン・ピケット

1967年のウィルソン・ビケットの春の代表作

全米R&Bチャート6位、全米23位

チャートとしてはスマッシュヒットですが

たくさんのカバーがあるスタンダードナンバーです

山下達郎 

♪ロッタラブ/ニコレット・ラーソン

ニール・ヤングの作曲でヒットしました

1978年全米ベストテンに入りました

ニコレット・ラーソンの代表曲

山下達郎 

♪ If Only You Knew/Patti LaBelle

1983年、全米ソウルチャート1位を4週も続けました

全米46位、83年あたりはですね…毎年ニューヨークへ行ってました

NYでは、朝から晩までこの曲がかかっていたような記憶があります

山下達郎 

来週はナゲッツ特集

来週なんですがですね…

またワーナーのまわし者でございますが

昨年の末にですね、ワーナーからナゲッツという

シリーズが発売になりました…1960年代後期のですね

アメリカのサイケ・ガレージミュージックのコンピレーションで

ナゲッツという有名なコンピレーションがあります

パティ・スミスのギタリストでありましたレニー・ケイ

この人はまだレコード屋かなんかで働いてた時に

そうしたコンピレーション考えてエレクトラから

ナゲッツというアルバムを発売しまして…

発売当初はあんまり話題にならなかったんですけど

ジワジワとですね、10年、20年とたつうちに

これがいわゆるその…60年代ガレージミュージック、サイケ、ファンク

そういうようなもののですね、原点の音源と呼ばれるようになりまして…

アメリカでは非常に有名なカタログなんですが

レーベルがクロスオーバーしておりますので

今まで日本盤が出たことは一度もありません

そのナゲッツのオリジナル・ナゲッツと呼ばれますが

72年に発売されましたオリジナル・バージョンが

ワーナー・ミュージック・ジャパンから日本初CD化されまして

それに呼応しまして、ナゲッツ2,3と

日本独自のオムニバス・コンピレーションが昨年の12月に発売されました

これが非常に、現代的な観点からみて

非常に優れたコンピレーションですので

この3枚をですね来週は、ちょっと駆け足でご紹介したいと思っております

だいたいサンデーソングブックは

ずっと比較的口当たりのいい音楽がずっと続きますので

たまにはですね、硬派な、サイケ、ガレージ

そういうようなですね、過激なやつもいいかなと思いまして…

来週は『ナゲッツ特集』でお届けしたいと思っております

山下達郎 

♪Will You Love Me Tomorrow?/The Shirelles

1961年の曲ですから、55〜6年前の曲でございますね

The Shirelles、ガールグループの代表的グループでありますが

彼女たちの最大ヒットの1曲

全米ナンバーワンを2週間つづけました

キャロル・キング、ジュリー・ゴフィンの代表曲でもございます

私もON THE STREET CORNERでカバーしております

80年代中期から、MTV、

ミュージックビデオというメディアが出てきてから

それまでは音楽は純粋に聴覚で訴えるものでしたが

いわゆるその映像と一緒に音楽をみるという…

何か音楽のチカラが少し弱まったというと申しますか

ヴィジュアルが非常に重要視される時代になってしまいましたが

それから長く経ってしまいました…

山下達郎 

♪Twist & Shout/The Top Notes

曲をかいたのはバート・バーンズという有名な人であります

バート・バーンズの特集したくてしたくて

10年位ウダウダやってるんですけど

1961年にアトランティックからレコーディングされました

黒人のボーカルグループ、この人たちが歌ったのが最初でしたが

これをプロデュースしておりましたのが

若きフィル・スペクターでありました

山下達郎 

♪All Day Music/War

1971年の最終期のヒットソングでございます

全米ソウルチャート16位、全米チャート35位の曲

Warらしい曲です

山下達郎 

♪LOVE CAN GO THE DISTANCE/山下達郎

今日の最後は、寒い季節なので

この1曲…また来週…

山下達郎