読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下達郎 バースデーで棚からひとつかみ サンデーソングブック 2017/2/5

山下達郎 サンデーソングブック

2017/2/5

2/4で64才になりました…

え〜2月に入って参りまして、2月最初の日曜日でございます

節分なんてのがありまして…

今日は全国的にわりと雨がちな天気であります

雪じゃないだけいいような気がしますが

でも東京は寒いです、結構…

寒いというか、昼間は暖かくても夜がどんと冷えますですね

私の友達、インフルエンザ、あとはノロウイルスとかですね

いろんな所でいろんな事が起こっております

私は何とかくぐり抜けて、避けております…

そろそろライブの準備が近づいて参りました

今週は譜面書きなんかを始めるアレでございます

え〜私、昨日2月4日が誕生日でございまして、64才になりました

FOR YOU 

来年が年金受給でございます

でも今はほんとに、あの〜60代、昔と違ってですね

私もそうですけどまわりの60代、みんな若いので…

それに乗じてですね、老人というのを70いくつに引き上げようと

そんなような事を言っておりますが…あれそんなんが目的ではないです

年金の支給をですね遅らそうとかですね、そういう魂胆でございますので

役人の考えることは、良く判りませんが

え〜まぁそんなことはどうでもいいんですけれども…

なかなかドンピシャで日曜日に2月4日があたりませんけども

1日遅れですけども…数年前に1回やったことがありますが

お誕生日をテーマにした歌

バースデーをテーマにした歌

そういうものが、たくさんございます

そういうのを、まとめてですね

バースデーで棚からひとつかみ

今日は、それでいってみたいと思います

バースデーで棚からひとつかみ

節分の次の日が、私の誕生日でございまして

豆まいた後が誕生日…めでたいのかなんだかよく判りませんが…

いずれにしましても、それをかこつけまして

『バースデーで棚からひとつかみ』

前やったときは割りとベタなやつで終始しましたけども…

調べてみますとですね、結構バースデー・ネタというのは

たくさんあるんだなというですね

今日は、結構たくさん見繕って、そん中から厳選しましたので

今日はわりと、棚からひとつかみというよりは特集に近い!

密度が濃いものになると思います

だからどうしたって…

自分の誕生日にかこつけて、バースデーで棚からひとつかみ…

♪ホエン・アイム・シックスティ・フォー/ザ・ビートルズ

ポール・マッカトニーが64才になった時に

そういうインタビューを受けてですね…

まさかその曲を作った時には、想像がつかなかったけど

自分が64才の時に、それを聴くのか

というようなことを発言していましたけれども…

私、この「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」

1967年の作品ですが、私、中学3年でした

64なんて、どうなのかなって…

うちの、おじいちゃんくらいの年齡でありましたけども

それが自分の誕生日の次の日に、これをかけるようになるとはですね(笑)
まったく長生きはするもんですね…

ザ・ビートルズ、1967年のアルバム

「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」から

これはマッカートニーが、随分前に

ビートルズのデビュー前に作ったという話が伝わっております

Old time music,Good time music好みのマッカートニーらしい一作でございます

♪ ハッピー・バースデイ、ルーシー/マッギネス・フリント

まずはマッギネス・フリント

イギリスの60年代の活躍しました5人組のバンドでございます

この当時のイギリスは、わりとアメリカのルーツ・ミュージックに近づこうと

そうした動きが盛んでして、色々なグループが泥臭い音楽をやってましたが

これもそのひとつでございます

マンフレッド・マンから派生しました

大変日本でも人気がありました、1971年のセカンドアルバム

ハッピーバースデー、ルーシー・ベイビーこれのタイトルソングでございます

A面の1曲めに入っております

ハッピー・バースデイ、ルーシー・ベイビー

こっから今日は始めてみたいと思います

♪Happy Birthday Boogie/Louis Jordan

50年代に一世を風靡したダンスミュージックの大御所でございますが

ルイ・ジョーダンの1951年の作品

ピアニストでボーカリストでバンドリーダーでもあります

♪Baby's Birthday/Guess Who

1965年、デビューヒットのShakin 'All Overがヒットした頃の作品でございます

まだリードボーカルがチャドアランというオリジナルメンバーでございます

チャドアランがやめて、バートンカミングスになって

ヒットが連発するわけでございます

1965年のGuess Who 

この時代のフォーク・ロックの雰囲気がよく出ておりますが

好きな歌をかけてしまいました

♪Happy Birthday Just The Same/The Dovells

フィラデルフィアの4人組のボーカルグループでございます

ダヴェルズの最末期のシングル、1964年に発売されました

1964年ですと、まるっきりビーチボーイズでございます

明らかにサファーガールとかそのへんを意識して作れてるんですが

よくできた曲でございまして、これもシングルB面として発売されました

♪ハッピー・バースデイ/ココモ

イギリスのボーカルインストゥルメンタルグループでございます

いわゆるヒュージョン系というくくりに入りますが

日本で大変人気のあるグループでございますが

1975年のセカンド・アルバム「ライズアンドシャイン」というアルバムに

お誕生日の歌が入っております

Unhappy Birthday/Jaine Grant

アイドル歌謡にいってみたいと思います

1961年、歌っておりますのがジェイニーグラントという

ニュージャージー出身のアイドルシンガーでございます

失恋の歌なのでハッピーバースデーというのではなく

アンハッピーバースデー

他愛のない歌ですが、まだアメリカが明るい時代の歌でした

♪Happy Birthday/The Kac-Ties

ドゥアップにいきましょう

ニューヨークはブルックリンの黒人5人組のボーカルグループ

1963年のハッピーバースデー

♪バースデイ・ソング/キャロル・キング

2001年のキャロル・キングのアルバム

Love Makes World からバースデーソングでございました

♪HAPPY HAPPY GREETING/山下達郎

後半駆け足でしたけれども、というわけで

『バースデーで棚からひとつかみ』でありましたけれどもですね…

今、ディレクターの山岸くんから教わりましたが

来年の2月4日は日曜日だそうです…なんだいそれ!

来年はやりません…それはできません…ネタこんだけ仕込むとですね

なんだよ!がんばってまた探そうかな…笑

FOR YOU