読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

江原啓之 おと語り 恋愛特集 2017/2/12

江原啓之 おと語り 

2017/2/12

出会いのすべては、自分自身の映し出しです

もうすぐバレンタインデー…聖バレンタインなんですね

それがなんでチョコレートになっちゃったのかよくわかんないんですけどね

女性から愛を告白するイメージが強いのですけど、日本だけなんですよね

あれヨーロッパだとまたちがうし…これチョコレート会社の陰謀ですもんね

最近は『友チョコ』とかパパにあげる『パパチョコ』

自分にあげる『ご褒美チョコ』とか、むしろ流行ってるみたいで…

おと語り [ 江原啓之 ]

自分にあげるというか、ただ買って食べてるだけじゃないですか?言い訳だなそれ

「お酒が飲めるぞ〜」と一緒じゃないですか!なんでもいいからみたいなね…笑

ずいぶん様変わりしているようですね〜

おと語り [ 江原啓之 ]

偶然の出会い?

私の中で、かつて様々な相談を受けてきた蓄積からすると

このように考えるタイプの人は、恋愛がうまくいかないんです

恋愛って、どっちかっていうと動物的な人の方がいい

もう狩猟のように狙った途端にいく…いちいち考えない…

だってチーターが“どうしてここにヌーが来たんだろう”とは思わないじゃない?

本能で『ガ〜!』っていくわけでね

ですから「会った人はみんな縁」…完全に一人遊びじゃない?

そんな事言っていたら、毎日通勤時間に会う人も一緒ですよ…笑

もちろんそれが悪いわけではない

そうやって出会って結婚してる人もいっぱいいるわけだから

電車の中での出会いが結婚の元という人もいるからね…

でもそういうときに動物的でないとやっぱりダメでしょ?

いちいち考えてこんなに時間がかかってるんだったら

出会う人はみんな『宿命』だから…その中でどうするのか

いつも回転寿司で例えているではないですか〜!?

“なんでまた私にマグロが回ってきたんだろうか?”とか

そんなこと考える前に食っちゃえ!みたいなね…食べたければ?

もうちょっと挑めば?常に玉砕覚悟で挑む!ロマン派なんじゃない?

ロマン派は自己愛だから…相手を愛していないから

自分の中の妄想を愛しているんでしょ?ほら…だって今流行ってる「たられば娘」

面白いじゃない…あれは典型!タラレバタラレバしてるやつ…アレはダメですよ

でもこれが楽しければいいの!

それを訳も分からず悩んでいるのであれば

もう少し動物的になる事が大事なんじゃないのかな?

 

おと語り [ 江原啓之 ]

良き相手とは?

「まだなの?」「どうなの?」と聞かれると

否定されたような気持ちになるのもすごく分かりますよ

でも良き相手というのは、何をもって判断するのかということですよ

回転寿司で例えると、傷んだり腐ったりしている物はダメですよ!

そうではなくレーンに回っている物を“良い”“悪い”と決められます?

ハマチの方が良くて、マグロは良くないとか…私はイカとか…

で「なんであんたイカなの?」とか否定することなんてないでしょ?

やっぱり動物的に“今はこれを食べるんだ!”と、意を決することじゃない?

普通の人が回転寿司で食べるのは10皿くらいかな?

ということはね…10種類しか食べられないんですよ!

僕はもうちょっと食べられますけど…倍くらいいけるけど…笑

かなりの集中力をもって厳選しますよ…回ってるところ…悔いがないように

あと一皿がせいぜいだな?と思った時に、後悔しないようにするんです

“これを食べれば、悔いがない!よし!イカ!!”とかね…

そこでサラダ軍艦なんか取ると「あ〜〜〜!」とかね、アレは余裕があるときしか取らないんですよ

そういう事が大事なんじゃないかなと思うんですよ

あとはいかにそのネタを楽しむかなんですよ…

 

おと語り [ 江原啓之 ]

どんな異性も恋愛対象…

爆弾発言かもしれませんが

僕もどっちかって言うとコレ系なんですよ…

“この人とだったら万が一の場合生きていけるな

この人とも生きていけるな”って考えちゃうんですよ…

自分のお嫁さんに決めたのは「この仕事を応援する」という中心があったから…

それがないとダメ!“真・添・控”が大切!!

“何が重要なのか”なのです…

依存心ではなく、自律した姿勢が大切です

おと語り [ 江原啓之 ]