読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集長 稲垣吾郎 ゴロウ・デラックスで浅田次郎「黒書院の六兵衛」の出演依頼された話、爪の手入れの話など…2017/2/23

編集長 稲垣吾郎 2017/2/23

餃子にスパークリングワイン

まぁ餃子といったらビールといった感じはあるんでしょうですけど

基本的には中華料理とワインって合いますからね〜

稲垣吾郎 

餃子にワインて絶対合うと思います…まぁスパークリングワインと限らずに

白ワインとかも全然合うと思いますし

少しシュワっとする方が油ものを食べたときにキレがいいというか…

僕も意外とね〜餃子作るの得意なんですよ…笑

稲垣吾郎 

ゴロウ・デラックス

ゴロウ・デラックスで浅田次郎さんに「黒書院の六兵衛」どうですか?と言われた件

浅田次郎さんに来ていただいて、言われてしまいましたもんね

「稲垣さん、どうですか?この作品」て

いやいやもし抜擢していただけるなら

ありがたいことだなと思いますけれども…

ホントに素敵な小説で、最初の取っ掛かりとしてはやっぱり難しいんですよね

もちろん浅田次郎さんて歴史小説家ではなくオールマイティーにやられる方なので

読みやすいは読みやすいんですけれども

でもやっぱりこうその時代の言葉とか、役職とか、地域の名前とか

難しいじゃないですか…イメージが沸くにも、描写一つにとっても

ちょっとある程度、歴史の勉強してないとわかんないことが多いんですけれども

まぁでも結構、この六兵衛に関しては

読み進めていくと、どんどんどんどん引き込まれていって

最後には本当にこう感動できる大作だったので

これはオススメしますね…ホント時代小説っていう読み方ではなくて

一人の人物をクローズアップしながら

前半はサスペンスなんですけれども、最後は胸に突き刺さるような

感動の場面が待っていて、600ページぐらいあるんですけどね…上下巻で

でもこれはオススメしたいですね!ハイ!!

 

稲垣吾郎 

爪の手入れ

慎吾ちゃんと剛くんが爪を切った後に爪を磨いたりクリームを塗っていると言っていた件

そうですね〜僕はハンドクリームくらいですかね〜

あと爪は切ることもありますが、ヤスリで削ることのほうが多いですね

結構気持ちいいし、角がきれいになるので…

たまにガラスの素材でできたヤスリなんかでやったりしますけれども…

結構指先ってテレビでも写りますからキレイにしなきゃいけないなと思います

稲垣吾郎