読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP 無限の住人 市原隼人 主題歌 MIYAVI の話題など…2017/3/3

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP

2017/3/3

今日は3月3日、ひな祭り!

だからといってそれにちなんだことをやるわけではないのですが

3月3日とか1月1日とか7月7日とか10月10日とか

なんだろうね〜なんでちょっとだけ気分アガるんだろうね?

5月5日もそうですよね…ただ日にちが数字が並んでるだけなんですけどね…

サーフィンはノーズライド派

ノーズ派ですか?マニューバ派ですか?っていう質問ですが

木村拓哉 

まぁ波乗りに”派”はいらないと思うんですけども

どちらかと言ったらノーズ派ですかね…ぅん…

まぁノーズライド派っていうのは

波に乗りながらサーフボードの先端の方に

タタタタタって歩いていくテクニックのことを言うんですけど

あのノーズが決まったときは、すっげ〜気持ちいいんですよ!ハイ!!

自分の足の先に何もないんですよ…なのに水の上に立ってバーっと進んでるんですよ

あれ、ヤバイです!

でマニューバっていうのは、波の斜面を大きくこう利用して

左にも右にも上下にも板を動かすっていう波の色んな面をこう滑るっていう…

どちらかと言えばノーズ派が好きですかね〜

スタイル的にちょっとオールドスタイルがノーズで

ちょっと今流行りなのがマニューバなんじゃないかと思うんですけど

ボクは結構オールドスタイルが好きですね…ハイ!

木村拓哉 

無限の住人 市原隼人

(市原隼人さんと)この間、LINEの話を

つい完成披露会見でしたんですけど、あれは事実で…

『いやいやいや車椅子バスケ、頑張れよ!』みたいな感じで送ってはいたんだけど

アレ?いつになっても読まないっていう状況だったので…
”え〜コレ!隼人どうしちゃった?”みたいな感じだったんですけど

もう完成披露会見の場で会った瞬間に彼が

『木村さん、スミマセン…あの、もう一回教えてもらっていいっすか!?』

って言われて「え?LINE?」て言ったら

『すんません、あのオレ…携帯、泥の中でぐっちゃぐちゃになっちゃいまして

あの〜新しい携帯に変えて、全部イチからのスタートでした!』っていうから…

「良かった〜!オレ送ってたの全部既読されねえからさ〜」って言って

『すんません!ホントすんません!!』て

その場で、また新たに交換させていただきました…そうですね〜

まぁ本人に対しては、普通に「ハヤト」って名前で呼ばせてもらってるんだけど

ホントに作業としては

撮影現場で一緒に共同作業するのは初めてだったし

でボクも彼の作品を目にしていたので

”ものすごいきっと熱い人なんだろうな”っていう風に

勝手なイメージとして持っていたんですけど…もうご本人に会ったら

上回る熱さというか…ぅん…かつ真面目で…

自分が演じる役に対して真摯に向き合ってくれてるなというのを

ホントに全身で伝えてくれる共演者でしたね

「じゃ今から本番行きます」って言う前に

とにかく叫びまくるんですよ!自分のその…

まぁボクがやらしてもらった役のキャラクターが万次と言うんですけど

その万次の名前を山に「もうね〜どんだけこだま欲しいの?」っていうぐらい

もう「ヴワ〜〜〜!!!!」って叫びまくって

それでから「用意ハイ!」ってお芝居をしてくれるんですよ

凛役の杉咲花ちゃんは、本気で怖がってましたね…笑

その都度すごい熱量でぶち当たってくれるので

彼も今、ちょうどキスマイの玉森くんと撮影で一緒みたいで

この間ハヤトから「今、玉森くんと一緒です」ていう

ツーショットの写真が送られてきて

すごい極寒な中での撮影らしくて雪山で目が相当やられてるらしくて

「目だけはちゃんと守ってね」ていう返信をしたんですけれど

いやいやいや、ホントにアツいっすよ!

で「タイミングが合ったらまたメシ行こうね〜」って話させてもらってます

木村拓哉 

主題歌 MIYAVI

MIYAVIが担当してくれまして、間違いなく撮影してて

”これはギターサウンドじゃないかな?”ってことはイメージはあったんですけど

でも「どなた?」っていうところではこう、実際に色々あるじゃないですか?

だからどういうふうになったらいいかな〜?っていうのはあったんですけど

実際にMIYAVIっていうアーティスト名を聞いたときに

”お〜やっぱり来たか~!”っていうなんか

すごい人が引き受けてくれたなっていう部分は、すごい嬉しかったですね…

彼は今回のこの「無限の住人」をこういう風に捕らえてくれたんだっていうのが

曲から伝わってきて、すごくそこら辺も、なんだろうな〜

ただ主題歌やります、っていうのじゃなくて

ちゃんと自分が主題歌やるからには”俺はこの映画をこう表現します”っていう

そういうサウンドがあったので…で歌の歌い方もね〜

これ本人にも確認したんですけど

『今回、MIYAVI歌い方変えてるよね?』って言ったら

『あ、分かりました?』っていうふうに純粋に答えてくれて…

んで、そのあと彼ベースがロサンゼルスの方なんで帰る前に

「木村さん、メシ行きましょうよ〜」って言ってくれたので

『じゃぁ行こうよ!行こうよ!!』って言って

彼がロスに帰る前日に一緒にメシ食ったりとかしたんですけど

いや〜とにかく感覚がいいですね…

メイド・イン・ジャパンなんだけど、なんか向こうで活動されてる

向こうをを拠点にしてるっていう部分でも感覚がすごく独特な感じですね…

木村拓哉