読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

江原啓之 おと語り ネガティブ特集 2017/3/5

江原啓之 おと語り 2017/3/5

ネガティブは自己憐憫、反省とは違います

3月といえば、ふつう春…

春はウキウキするものですよね…だけど世の中はネガティブも多いみたいで…

おと語り [ 江原啓之 ]

みなさんの中には、今の私みたいに花粉症でネガティブになられる方も結構多いんじゃないですか?

おと語り [ 江原啓之 ]

夫を信じられない…

簡単です、夫が信じられないのではないのです

自分が信じられないのです…

要は、そうであったらどうしようとか、女子に多い

あ〜でもない、こ〜でもないという『タラレバ』

じゃぁどうしてかっていうと、保険をかけているんですよね〜

”最悪のことを考えるから、一刻も早く離婚しよう”

要するに“捨てられるくらいなら、早く離婚をしなきゃ”とかね

全部、逆へ逆へといってるわけですよ…

浮気をしているかどうかも分からないでしょ?

“いざという時に、自分が耐えられるだろうか?乗り越えられるだろうか?”と考えているんですね

だけどまず忘れちゃいけないのは、あなたが選んだ人だという事

お互いに良くて結婚をしているのだから、相手のせいだけじゃなくって

自分もしっかり取り組んでいけばいいだけでしょ!

あとは淡々とやっていくだけ…

“石橋を叩いて渡る”と言うけれど、石橋を叩き壊すタイプですよね…

結構多いんですよ!女子に…

別に別れる必要もなかったのに…とか、それぐらいのことで…とか

お互いに話し合ったりもしないでビクビクビクビクしている

やっぱり相手を変えようと思ってはいけません

まず自分が変わるのです!

そうすれば居心地も良くて、旦那さんと話し合って反省をさせればいいじゃないですか

男なんて「ついつい出来心」なんてあるんだろうけど

そこをね…未然に防いじゃえばいいんです

隣人にパンクさせられてる?

気持ち分からなくはないけれど、これだからいけないんだよね…

結局『波長の法則・類は友を呼ぶ』といってね

“やられたからやり返してやる”という考えがあってはいけないんだよね

しかも証拠がないわけでしょ?“多分”だけでそこまで思うのもいけない

隣人だったとしたら、相手も“多分”だけでやっているのかもしれない

思い込み同士…ていうことでしょ?

それが実行にうつす方がもちろん悪いけれど

“同じようにやり返さないと気が済まない”というのも紙一重なわけでしょ?

それはいけないと思うんですよね…だから

もしそうであったなら、きちんと警察に届け出たり

防犯カメラの設置だとかを駐車場の地主さんにお願いしたりして

ちゃんと証拠をとられて、理性的に解決していかなければいけない

それでいて魂の世界の事ですが

それをする人はレベルの低いとこに行って苦しむのか?とか言うけれど

本当にする人というのは、日常生活や人生の中でも暗い出来事が多いと思うんですよね

そうやって結局、その事でなくても別の事で絶対に返ってきているはずなの

だからやっぱり、そういう意味では

「その人の人生を現すよな」と思っている事が大事で

その成敗に対して、あまり気にするってのもおかしい…

自分自身の成長だけを考えるのが良い事だと思う

“それ相応の罰を受けるのか”というのは、それはもう

現実的な刑法の方でなんとかしていただきたいなと思います

同じ土俵で戦ってはダメ!

事件も色々ありますが、詐欺の場合は

引っかかる事も問題があるなと私は思うのですよね

え…そんなうまい話はないよ〜ていう事も結構あるじゃないですか?

これも遠く遠くなってしまうかもしれないけど、自分たちにも責任あると思うんですよね

今ほら、誰が住んでいるか分かってないでしょ

コミュニケーションが足りないでしょ…昔はほら

何十年前の日本は、玄関の鍵を閉めなくても良かったじゃないですか!?

それでいて結構変な人が来たら“変な人が来たよ”と教えてくれ

みんながガードマンだったですよね…

やっぱりそういう時代になってしまった事にも問題かな?

でも、ご近所問題は難しいですよね…私も経験があるんですよね

最初にね、何十年か前に引越した時、嫌がらせ?

警察呼ばれたり…全然うちとは関係のないトラックが停まっていて

“お宅の引越しのトラックではないですか?”とかって

荷片付けをしていた夜中の2時3時に、通報されたのか警察が来たんです

そういうような出来事が何回も続いたんで、私は荒手に出たんです…

家の前に路地があるんですよね、とか家の中から

“一体どこのうちだ〜!!”って、でっかい声で叫ぶんです

“何度も通報とか嫌がらせしやがって〜!!”

そしたらピタッと止まりました…

やっぱりちょっと危ない人が来たかも?と思われたのかもしれない

若いのに小さな子ども抱えて、なんだかよくわけわかんないぞ〜と思ってたかもしんない

それから外に向かって”またか〜!!”とか叫んでね…

それからみんなうちを避けて通るようになりました

参考になるかどうか分かりませんが…笑

おと語り [ 江原啓之 ]

外国人のルームメイトにストレス

これ“ザ・日本人”という感じがします

やっぱりね、海外に出るとね…

日本人が気になることを向こうの人は全然気にならないんです

それも勉強…文化の違いなのです

自己憐憫に発展はありません、未来は切り拓くものです

おと語り [ 江原啓之 ]