読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP 「A LIFE」のFがVに!浅野忠信サスペンダーの話題など…2017/3/10

木村拓哉 What's UP SMAP!

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP

2017/3/10

”しゅじゅつ”って言える?

読む分には『手術』と言えるんですけど

あの〜自発的な発言で、相手に何かに伝えようということで

『大丈夫ですよ、手術すればちゃんと治ります』っていう風に言うときとかは

今だに…そうですね〜…

木村拓哉

患者さんに対する時は「手術」って言わないといけないんですよ

医者同士だと「オペ」ていう風に簡略化しちゃってるんですけど

だから患者さんに向き合うときにね〜

毎回”またきた〜、これだ〜”っていう感じでやってます…ハイ!

わりと『手術』というワードが入っていて

”これ言える?”っていう感じで出されるのが

『魔術師、手術中』っていう言葉があるじゃないですか?

チーム〜A LIFE〜の現場で

竹内結子さんが現場で編み出したのが『手術室、終始、手術中』っていうね…

”これをちゃんと言えるかどうか?”っていうので

早い段階で、2話3話あたりで、壇上病院の廊下でみんなで言い合ってましたね

唯一言えたのが羽村先生ことミッチーで、それ以外は全滅でした…笑

タッドのサスペンダー

まあ、そうね〜!(サスペンダーつけてる人)いらっしゃらないかと言われれば

あまり見ないけど、いないこともないよね…

そこはだから、壮大を演じるタッドの衣装へのこだわりなんじゃないかなって

オレはすんなり受け入れてますし…ひとつ紹介していいですか?

タッドが壇上壮大を演じるにあたって

あのグレーシルバーの上下のスーツを着てるじゃないですか?

で、サスペンダーしてますよね!?で、毎回ネクタイ締めてるじゃないですか?

あのね…ネクタイを留めるタイピンていうものがあるんですけど

彼、衣装部さんとのこだわりでわざと曲げてつけてるんです

よ〜く見てみてください…

ふつう真横にスッとワイシャツとネクタイを一緒に留めてはめればいいのにな〜

と思ってんの…オレも…

あの曲げは、彼のこだわりでやってるみたいです…あまりにも気になったので

『これ、わざと曲げて留めてるよね?』って言ったら

『はい〜、ええ〜』って言って…ちゃんと固定までしてるんですよ

真っ直ぐにならないように…ちょっと面白いでしょ?

あのね、タッドの衣装に対するこだわりみたいのがあるんですけど

あるハリウッド映画の俳優さんのスーツの着こなし方に感銘を受けたらしくて

”これ、面白いな〜”と思ったらしくて

その着方がタイピンが曲がっていたんですって…

それ以来、壇上壮大として、それを繋げているみたいですね

 

木村拓哉

LIFEのFの上にVのわけ…

これ話の展開というか、物語的にも5話から流れが変わったじゃないですか?

それをきっかけに、監督が平川さんが

『いや〜沖田先生、5話から”V”のっけてやりましたよ〜!』って現場に現れて…

あ、あ、そうなんだ〜って言うカンジで

もともとポスターも両パターン撮影していたんですよ…

まぁ動画でみなさんにお届けする際に「いつから変わるのかな〜」とは思ってたんですけど

第5話からなんかこ〜話の展開に比例して「V」を「F」の上にのっけてガ~ン!と

『A LIVE』という名詞から動詞になるんですね…という

これはタイトルを決める時点で

”ALIVE”に変わっていくというのはスタッフから聞いていたので、5話がそのきっかけらしいですよ

まぁでも、どっちでも僕は好きですけどね

でも動詞の方が躍動感あって、いいんじゃないかなと思います…

木村拓哉